「彫刻刀のできるまで」レポート


   「彫刻刀のできるまで」のレポートです。



    何種類もの彫刻刀が並んでます。

      
                 
   

   丸刀・三角刀・切り出し等の彫刻刀には、それぞれ大きさがあります。
     真ん中の大きいのは、皮を切る刃物。

                 


    皮用刃物の拡大図です。 
  
                





ページの上に戻る


   最初は下の写真の左側の状態。
     それを熱して金槌で打っていくと右の状態になります。


               
  

   彫刻刀の刃の部分が出来たら、ほうの木に挟んで張り合わせて出来上がり。         
         


                





ページの上に戻る

 
   彫刻刀10本セット ¥38,000-木箱入りです。
    (2016年現在は価格変更になっています。)
            
               
  

    こちらは、のみの10本セット  ¥42,500- 木箱入り。
        (2016年現在は価格変更になっています。)
            

              


       

ページの上に戻る



     電動の機械用の替刃(写真の真ん中)も、最近問い合わせが多いとか。

               
   
 
     雑誌で特集された時の写真です。


              



     昔ながらの地道な作業ですが、ご家族でこの製法を守っていらっしゃる小倉さん一家。
       友人として、とても誇りに思います。
       上の写真のように、雑誌の取材や、技術家庭の教科書に載せたいという依頼や、
       修学旅行のついでに作業場の見学をさせて欲しいという依頼があるそうです。
       同じようなご依頼のある方は、どうぞご連絡を~。

       

ページの上に戻る



   この日砥いでもらう為に、持参された専務の愛用品。
                         (おお!14本もある!!)
     
              

              (何本?かのセットには、この布袋をサービスしてくれます。)

ページの上に戻る

      


小倉彫刻ギャラリーへ戻る




Copyright © 2004 2016 ST.Taniy All Rights Reserved.