文具あらかると

商品名の勘違い!?/その2
2016/4/1 記事追加・修正

 瞬間接着剤は「アロンアルファ」だけではありません。
 瞬間接着剤を買いにみえるお客さまの大部分が「アロンアルファ下さい。」と仰います。
でも、その中にはコニシ㈱の「アロンアルファ」にこだわらない方もいらっしゃいます。
瞬間接着剤といえば、「アロンアルファ」というイメージなんでしょうけれど、現在では各メーカーさんで様々な商品が作られています。・・・・・そう言えば、2016年現在では、昔に比べて”アロンアルファ”という単語を聞かなくなりました。”何でも付く接着剤下さい。”とか、”瞬間接着剤下さい”とか仰るお客様の方が多いかも知れません。

* 他の主な文具メーカーの瞬間接着剤は、次の通りです。
メーカー名 商品名
 セメダイン㈱  ロックタイト/ゼロタイム/ぺぐα/PPX/ 瞬間接着剤3000シリーズ
 セメダインスーパーX2 (スーパーXシリーズは商品に依って、硬化速度が違います。)
 ヤマト㈱  パワーヤマト(各種)
 PLUS  瞬間接着剤(一般用/ゼリー状)
 コクヨ
 2016年 webカタログ P474
 レッドテック /  瞬間接着剤 Gachi(ガチ) / プリット瞬間接着剤各種
 みんな使っている「チェックペン」はゼブラの商品名。他のメーカーにもあるの?   
 中学生(最近は小学生も使っています)になったら大部分の生徒さんがお世話になる「チェックペン」はゼブラ㈱の商品名です。テープ状の「チェックテープ」もあります。
以前、サクラクレパスにもあったのですが、(サクラの方が先に作られたように記憶していますが、間違っていたらすみません。)もう、製造されていませんし、商品名も忘れてしまいました。

サンスター文具から、「ザ・テスト」シリーズとして、ペン・下敷・シート・定規・単語カードなどが、発売されています。 2007年ペンも追加発売されました。

クツワ㈱からは、暗記シリーズとして、暗記下敷・暗記定規・暗記単語帳・暗記単語カードが発売されています。(2016年4月現在生産終了しています。)
 
* 2006年、パイロットから、液式のチェックペン(メモリーライン)が発売されました。

* 2006年 サクラクレパスから、暗記用スタディペンが発売されました。

* 2015年 ゼブラ から 赤と緑に、ピンクと青がプラスされた チェックペンα が発売されました。


* コクヨ からは、暗記用ペン チェックル が発売されています。

 各メーカー商品の説明と使い方は こちら からどうぞ

ページの上に戻る

「ダーマート」って正しい言い方なの?

 正しくは「ダーマトグラフ」です。「ダーマトグラフ」は三菱鉛筆㈱の商品名です。
以前は「ダーマート」と仰って、写真のフィルム書き用に購入されるお客さまが多かったのですが、最近では、小学校の赤鉛筆として「糸巻き赤鉛筆」をお買い求めになられるお客さまが多くなりました。
*私が文具店でアルバイトを始めた時に、「ダーマート」という言い方ではありましたが、この商品名をご存知なのが不思議でした。お蔭(?)で、未だに私も「ダーマート」と言ってしまいます。
ガラス・金属・プラスチックなどに自由に書けます。
三菱鉛筆㈱には、”油性ダーマトグラフ #7600”と水で落とせる”水性ダーマトグラフ#7610”があります。
(各12色油性だ-マトグラフは12色セットあり。 水性ダーマトグラフ#7610 は単色12本販売のみ)
当店在庫は”油性ダーマトグラフ”の黒・赤・白の3色のみバラ売りしてます。
 ¥100-+税 /1本 (2016/4/1現在)

*最近(2016年)は、ほとんど(赤だけですが)子供さんの糸巻き赤鉛筆化としています。
ダーマトグラフ・・・死語に近くなっています。


*他のメーカーの場合は次の通りになります。
メーカー名 商品名
 ㈱ トンボ鉛筆
マーキンググラフ(糸巻き形)7色 
             ¥1200-+税(各色 1ダース入)

マーキングホルダー (しろ・あい・あか・くろ)¥300-+税
マーキングホルダー替芯(しろ・きいろ・あい・あか・くろ)
 *何で、替芯の方にだけきいろがあるのかは不明です。
 ステッドラー日本㈱
ルモカラー オムニクローム 芯ホルダー(生産中止)
糸巻き形ではなく、ガラス・ホルダー式。水溶性。
金属・皮・フィルムなどに筆記出来る性質はダーマトグラフと同じ

本体(4色各5本入りで¥1050-
カートリッジ(4色各12本入りで¥735-
グラソクローム鉛筆タイプ (耐水性)  ¥136-

現在の現行商品
オムニクローム鉛筆タイプ (水溶性) ¥136- → ¥220-+税
   ↓画像をどうぞ(メーカーからお借りしました。)

■オムニクローム色鉛筆

ガラス、陶器、プラスチック、布、木材など色々な材質の表面に筆記でき、医療用X線フィルム等、様々なフィルムにも使用できます。細書きもでき、定着性もよく、融点が高い芯の色鉛筆です。水溶性。
108 本体価格 ¥220/本 +税
●サイズ:175×φ7.5mm ●重量:5g
●色:ホワイト イエロー レッド ブルー グリーン ブラック

 

ページの上に戻る

「シャチハタ」はメーカー名です。
 ”「シャチハタ」ありますか?”っていうお客さま・・・本当に多いです。
大部分の方は、”ネーム9”(浸透印)の事を仰ってますが、「シャチハタ」はメーカー名です。
出来れば、”シャチハタネーム”まで仰って頂ければ助かります。(ネームにも種類があります)


*2016年になっても、浸透印は、変わらず”シャチハタ”です。

*名前の浸透印を販売している主なメーカーは次の通りです。(印鑑のメーカーさんは入っていません)
メーカー名 商品名
 シャチハタ㈱  ネーム印(ネーム9/ネーム6/ネーム8/ブラック11)
 キャップレスネーム/ネームエル/ネームエルツイン
 ペアネーム/ネーム6キャプレ/ プチらっかん/プチネーム
 スタンディングネーム/キャップレス9リール式
 キャップレス9 この商品が良く売れています。三菱EG10と競るくらいに。
 ネームペン(ネーム印付きボールペン/多機能ペン)
 三菱鉛筆㈱  uniネーム10/uniネーム6/ピュアモルト
 EG10(イージー10) 
 この商品が良く売れています。何より、キャップが無くならないのが良いです。
 シャチハタ㈱の「ネームペン」のようにボールペン付きの商品
     Bname(各種)
「ネームペン」って言ったら?
 新学期によくお問い合わせがあるのが、「ネームペン」です。
”名前ペン”を買いに見えられたとは思うのですが、新学期の時期でなかったら、シャチハタ㈱の「ネームペン」を思い浮かべてしまいます。
名前ペンといえば、㈱サクラクレパスの「マイネーム」が知られていて、そこから名前ペンを「ネームペン」と言われるお客さまが多いのだとは思いますが、”名前ペン”で仰って頂ければ、助かります。
*他の主要なメーカーの名前ペンは次のようになります。
メーカー 商品名
 ㈱パイロットコーポレーション  名前ペンタフウォッシュ(ボールペンタイプ)
 三菱鉛筆㈱  なまえペン(パワフルネーム)
 ㈱サクラクレパス  マイネーム(各種)
 * マイネームツインが一番よく売れています。
 パステルカラーやホワイトも発売されています。
 但し、パステルカラーとホワイトに関しては、最初に音が出るまで良く振ってからお使い頂くのですが、2度目からも、お使い頂く度に振って頂かないと、インクが薄い場合がございます。
 ゼブラ㈱  スーパーネーム(生産中止)
 お名前マッキ-細字    お名前マッキ-細字両用
 ぺんてる㈱  タフネーム/布がきペン(生産中止)/布書きボールペン
 ㈱トンボ鉛筆  なまえ専科

ページの上に戻る

 *上記のHPは全て各メーカーのトップページに対応しています。   


 商品名の勘違い?! その3)の掲載ページへ

文具あらかると(目次)へ戻る

 




Copyright © 2004 2016 ST.Taniy All Rights Reserved.